エクオールの生活習慣病改善効果

女性は更年期にはいると骨密度の減少、血管の老化、脂質異常症といった様々な生活習慣病になる可能性が出てきます。

 

そんな生活習慣病を防ぎ健康を維持するのに、大豆イソフラボンが注目を集めています。

 

この大豆イソフラボンの健康を維持する成分の正体がエクオールです。

 

エクオールを継続して接種することで、骨密度の低下を防ぐことができます。骨密度が低下すると骨折しやすくなり、骨折が起きると活動力も落ちて最悪寝たきりになることもあります。

 

またエクオールを摂取することで悪玉コレステロールを減少させるので、脂質異常症や糖尿病リスクを減らすことができます。さらに血管の柔軟性を取り戻すことができて、脳卒中や心筋梗塞を事前に予防できます。

 

しかしすべての女性がエクオールを腸内で作れるわけではありません。

 

統計によるとおよそ日本人女性の半数が、エクオールを作れないと言われています。

 

自分でエクオールが作れるか判断するには、検査することで知ることができます。検査は検査キットを使って自宅で行うことができます。検査機関などにキットを送ってもらい、採尿して送り返すだけなので簡単です。

 

特に若い女性はエクオールを作れない傾向が強く、エクオールを腸内で作ることができても体内で溜めておくことができないので、常に大豆を摂取しなくてはならないという点があります。

 

毎日大豆を摂取し続けなければいけないということは大変で、多くの女性は継続することが困難です。

 

しかし比較的簡単にエクオールを摂取する方法があります。それはエクオールを含んでいるサプリをとることです。

 

サプリなら無理することなく、エクオールを直接接種できるので継続することができます。そしてエクオールを含んだサプリを選ぶポイントは安全な製法で作られたエクオールサプリを選ぶことです。

 

自然な大豆を発酵して作られたサプリなら、毎日たくさんの豆腐や納豆を食べるのと同等の効果があります。