大豆イソフラボンの吸収について

大豆イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンに似ていることから、女性ホルモンと同様の作用を行い、女性ホルモンの分泌量が減ることによる「骨密度の低減、肌の老化、薄毛、脳梗塞」などのリスクを少なくするとされています。

 

ですが、大豆イソフラボン(ダイゼイン)は吸収のされ方によって差がでることが分かっています。

 

ダイゼインとして吸収されるか、エクオールとして吸収されるかによって大きな違いが出るのです。

 

エクオールのほうがダイゼインより高いエストロゲン活性を持つのですが、調査により腸の中で大豆イソフラボンを分解してエクオールをつくれる人に限りがあることが判明しています。

 

その数は、日本人女性は、約2人に1人、欧米人は約3,4人に1人だそうです。

 

この差は、腸内でエクオール産生菌が活動しているかどうかによって出ます。

 

エクオール産生菌を活動させるには、腸内環境をよくしておかなければなりません。

 

腸内細菌のエサとなる食物繊維取得する、緑茶をよく飲む、オメガ3系魚油を取っている人はエクオール産生菌が活動しやすいという研究結果が出ています。

 

逆に、タバコを吸ったり、乳製品の取得している人はエクオール産生菌が活動できていない人が多いそうです。

 

エクノキュアには、エクオール産生菌を活動させるために必要な乳酸菌が配合されているので、大豆製品取得した際の、吸収力を高めることにもつながります。